大きなおうち 白河かもめ保育園大きなおうち 白河かもめ保育園

白河かもめ保育園の案内白河かもめ保育園の一年毎月のおたよりかもめダイアリー

かもめひろば社会福祉法人 東京児童協会福祉サービス第三評価採用情報

白河かもめ保育園のご案内

園の概要保育理念保育方針保育目標保育活動保育園のいちにち

食育への取り組み保育環境への心くばり

園の概要

住所

〒135-0021
東京都江東区白河1-5-1-101

連絡先 TEL:03-3643-7671 FAX:03-3643-7672
最寄り駅

都営大江戸線「清澄白河駅」徒歩2分
東京メトロ半蔵門線「清澄白河駅」徒歩2分
都営新宿線・大江戸線「森下駅」徒歩9分

運営受託法人 社会福祉法人 東京児童協会
園長 池田 美恵子
創立年月 平成16年4月
開園時間 7:30〜20:30
定員 生後57日〜小学校就学児未満 89名

職員数

施設長 保育士 保健師看護師 栄養士 その他(用務・事務員等)
1名

18名

1名 4名 6名

入所児童数

0歳 1歳 2歳 3歳 4歳 5歳 合計
9名 12名 16名 18名 19名 19名 93名

上に戻る

保育理念「大きなおうち」

園長 池田美恵子

池田 美恵子

  • わたしたちは、「大きなおうち」を理念に、子どもも大人もみんなが互いに支えあい育ちあう、家庭的な保育園をつくります。
  • わたしたちの願いは、家庭と保育園が思いをひとつに一人ひとりの子どもたちの笑顔あふれる毎日を実現することです。
  • わたしたちの夢は、歴史の希望である子どもたちが、現在を最もよく生き、望ましい未来をつくり出す力の基礎を培うことです。

上に戻る

保育方針

大きなおうちの保育方針は、以下の三つの柱を基本とします。

  • 生きる力を育む
    大きなおうちは、よく食べ、良く遊ぶ元気な子どもを育てます。
    そして、困難に負けない強い心と賢さをあわせもつ子どもを育てます。
    生きる力を育む証しは、子どもたちの「笑顔」と「元気な挨拶」です。
    大きなおうちは、子どもを主役に取り組んでいます。
  • 思いやりを育む
    大きなおうちの「思いやり」体験は、子どもの人格の基礎を形成します。
    思いやりとは、手伝う・助ける・許す・教えるといった、相手を包み込む大きな心です。
    大きなおうちは、子どもの発達に合わせた「思いやり」に取り組んでいます。
  • 夢を育む
    大きなおうちは、毎日が遊びの実体験です。
    豊かな遊びは夢を育む源泉です。
    体験はやがて、自分で遊びを選んだり好きな歌を歌ったりといった行動に発展します。
    そして、体験と行動を繰り返す日々の中から、大きな想像力がふくらみます。
    これが大きなおうちの夢ストーリーです。

上に戻る

保育目標

  • 自ら考え、判断し、行動しようとする子どもを育てる

上に戻る

保育活動

共育

  • 「ありがとう」の言葉を大切に、人への愛情と信頼を表現できる子どもを育てる。
  • 家庭の中で失われつつある日本の伝統文化を保育活動に取り込み、地域の人との交流を楽しむ。

遊育

  • よく遊びよく学ぶ、運動と休息のバランスのとれた活動を通して丈夫な心身をつくる。
  • 散歩を通して、地域の自然とふれあい、心を豊かにする。

食育

  • いろいろな素材や味を知り、五感を刺激する食育に取り組む。
  • 実のなる木、四季折々の草花、畑の野菜など、園庭の自然を大切に、栽培と収穫の喜びを体験する。

上に戻る

保育園のいちにち

時間

0・1・2歳児 3・4・5歳児

7:30

開園
9:00 順次登園
室内あそび
順次登園
室内あそび
  午前おやつ
  園庭遊び
散歩
戸外あそび
散歩
運動遊び など
10:45 食事
12:00 食事
13:00 昼寝
昼寝
15:00 おやつ
室内・園庭遊び
順次降園
18:30 延長保育
食事(補食・夕食)
20:30 閉園
0歳児・1歳児クラスは、一人ひとりに合わせた食事、睡眠を基本としています。
3歳児・4歳児・5歳児の日常的な生活は、異年齢の子どもたちで過ごすことを基本としています。
異年齢保育をとおして、より豊かな人間関係を築いていきます。
室内遊び園庭遊び0歳児の食事

上に戻る

食育への取り組み
  • おいしく・たのしく
    乳幼児期の食事は健康的な食生活を身につける上で最も大切です。季節に合った献立を作成し、旬の食材や添加物の少ないものを選んで使用しています。
    また、手作りおやつやお誕生会献立・お楽しみ献立・野菜の栽培などを行い、五感を大切にした食育に取り組みながら、いつも「おいしく・たのしく」をモットーに食事作りをしています。

上に戻る

保育環境への心くばり
  • こだわりの保育環境
    子どもがあそびたいと思える環境、さらに発達にあった遊具を設定し、落ち着いて過ごせる保育の環境をととのえています。
    一人ひとりに見合った生活の援助ができるように、保育士も大切な人的環境ととらえて保育をしています。

上に戻る

トップページ